登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

地元上町から大阪市一円の不動産情報はセンチュリー21 ウエマチ不動産にお任せください。

ぱんくずリスト

トップ >タウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

不動産購入に関わる税について

2019-02-19

はじめに

家を購入する事は人生の中で一番大きな買い物と言っても過言ではありません。
マンションでも戸建でも購入には住宅ローンを使用する人が殆んどでしょう。
現金で持っていて支払う人なんてごくわずかの限られた人になります。

家を購入する際に後悔しないで購入する為には数ある費用や税金、お得利用できる減税なども理解しておく必要があります。
今回は住宅ローン減税と売却時にかかる税金、譲渡税についてご紹介します。


住宅ローン減税とはそもそも何か?

物件を購入する際にローンを組む場合が多いですが、その際に金利負担の軽減を図るのが住宅ローン減税と呼ばれるものです。
毎年末の住宅ローン残高か住宅の取得対価のうちで少ない金額の1%が10年間で所得税額から控除されます。
年末のローン残高に応じて税金が還ってくるイメージで良いでしょう。


住宅ローン減税を受けるには、所得が3000万円以下、返済期間が10年以上の住宅ローンである事などの条件はありますが、税金は誰でも支払いたくないものなので利用しない手は無いですね。
減税を受ける為には確定申告書や本人確認書類、源泉徴収票や住宅ローンの残高を証明する残高証明書など用意する書類が多くあります。
住宅ローン減税で実際にいくら戻ってくるか住宅ローン借入額や年収によって異なるので、シミュレーションなどを行い、理解しておく事が重要でしょう。

家を購入する事は大きな額になるので、住宅ローン減税をうまく活用して計画立てて行うことが肝要と言えます。


不動産を売却する時には大きな出費になる税金について

不動産を売却する場合には税金がかかって意外と大きな出費になってしまいます。多くの人があまり経験ない事ですし、事前に高額になる税金を把握出来ていれば良いのですが税金については専門用語が多く理解しにくいので困ってしまいがちです。
不動産を売却する際には3つの税金がかかります。
印紙税と譲渡所得税、住民税になります。

印紙税は契約金額にもよって税額が変わってきますが、不動産売買契約を交わした際に収入印紙を貼付するのでその時に必要になる税金です。
印紙税は5千円から3万円が相場になりますが、物件に対する契約金額については理解しておくと良いでしょう。

譲渡税と住民税は不動産の売却金額の譲渡所得に課せられる税金で、譲渡所得の金額がポイントになります。
不動産を売却した時に手に入れた利益が譲渡所得として課税の対象になるので、売却利益が売却金額ではない事は理解しておく必要があります。
譲渡所得はあくまで利益なので、不動産を売った場合の費用を売却金額から差し引く必要があるのです。
不動産売却に関わる税額は条件によって大きく変動するので、不動産を売却する前には必ず計算をしておく必要があるので注意です。


まとめ

※掲載画像は全てイメージです。

家を購入する事や売却する事など人生において多くの人が経験するのが不動産。
住宅ローンや不動産売却時にかかる税金など理解しておくことは多くあります。
時にお得に不動産に関わる税金を抑えたり、事前に確認しておく必要のある譲渡税など一般の人からすると難しい事だらけです。

自身の中でもじっくり考えて学ぶ必要のある不動産知識ですが、後悔をしないように不動産業者に依頼してプロに相談することも大切です。


フッター